WORKS : A SERIES OF CUSTOM RESIDENCES

藤棚のある家

この建物は開発されて30年以上経った閑静な住宅街における住宅の建て替え計画です。
今回は夫婦のための終の住処となる家を、国産の杉と自然素材を多用した計画としました。
 
1階にリビング・ダイニング・キッチンと水廻り、2階に寝室と間仕切ることでのできる子供部屋を配置し、床には杉のフローリング、壁には中霧島壁を用いて自然素材に囲まれたシンプルな空間をデザインにしました。
ほとんどの開口部に障子を付けることで統一感のあるすっきりした窓廻りとしました。
一方、外部仕上は自然素材のそとん壁を使用し素材感を出し、軒天や破風、一部の外壁には杉板を、デザインのアクセントとして開口部に木製のルーバーをつけました。
色は白地にこげ茶のコントラストとすることで街並に落ちついた雰囲気を出し、駐車場の上はパーゴラ(藤棚)をつくり、将来、植栽で覆えるように計画しました。
以前からそこに建っていたかのような佇まいとともに街並にとけ込んだデザインの住まいを心がけました。

PLACE

さいたま市

STRUCTURE

木造軸組工法