WORKS : A SERIES OF HOUSING

 PENNY LANE

駅から少し離れた閑静な住宅街に位置する敷地に2LDKのプランを中心にファミリー層向けに4棟18戸の賃貸住宅を計画。
小学校が隣接する敷地のため高層化、高密化せずにゆとりをもたせている。
統一感のあるデザインでまとめることで、一つの街区を計画しました。
隣棟間隔をとることでそこに生まれる空間を住民や近隣住民にとって安全な通路を確保、また植栽を施し、公園の中の建物をイメージした街区計画でもある。
 プランは1階にパブリックゾーン、2階にプライベートゾーンとしたメゾネットの長屋形式を採用。デザイン的には長屋でありながら、より戸建を意識して一つのボリュームが大きくなりすぎないようにした。
バルコニーは袖壁をつけ、少し閉鎖的にすることで視覚的にプライバシーが保てるようにしている。

PLACE

市川市

STRUCTURE

木造枠組壁工法